走り美 Quality Of Running
走り美 Quality Of Running

過去に参加したマラソン大会のレポート

2017年10月15日(日)

第36回蒜山高原マラソン全国大会

ハーフマラソン40才以上男子の部
 記録 2時間04分44秒

今一度走り直そう
そう思えた雨のマラソン

週末は雨予報、現地入りしてなお雨は確実視された。そんななかでも走り美は数々のマラソン大会を晴れとまではいかないが曇りまで天気を持ち直してきた。

今回は新たな挑戦をした。それは大家族での現地入り。これまではワイフとふたりだけ、とにかく走ることに集中できる環境を求めてきた。

しかしやはりせっかくの雄大な自然と定宿のおもてなしを自分たちだけで楽しむのはもったいない。子どもから年配まで10人で、2時間ドラマにでも出てきそうなそれはそれは大きなログハウスに泊まることにした。

かつてない試み、清水の舞台から飛びおりる気持ちで心を決めた。それだけ走り美は走ってきたし、全天候型を標榜して悪天候とも向き合ってきたし、これからは全環境型だとどんな状況でも走り切る強さを身に付けたいと考えた。

みなさん何言ってんのそんなこと大したことないじゃん大げさに言っちゃってさと思われるかと存じますが、ザワッとしてマイペースなんてない自分の時間帯もないお風呂もご飯もお恥ずかしい話トイレも。ルーティンはもちろん精神統一すらままできない。

しかし、いつなんどきでもスイッチをオンにもオフにもできる精神力を養いたい。もうハーフマラソンを走り切る走力は身に付いた。あとはいよいよ気持ち次第というわけだ。

みんなで近くの温泉に出かけ、晩ご飯も。こりゃ寝るには遅くなりそうだなと思いきや子どもたちに合わせて意外と早寝できた。

朝ご飯は先に会場入りするためみんなとは少しズラして早ご飯。このズレがそのまま朝の身支度にもズレてきたおかげでバッティングすることなくすんなりといった。お恥ずかしい話トイレも。

清水の舞台もこのときばかりは杞憂に終わった。

ひとつの山を越えるとまた山は必ずやってくるもので、この雨ぜってぇやまねぇだろなっていうぐらい雨が降り続いている。リタイアはないにしてもテンションは上がらない。

あぁまたゴールあたりは水たまりが溜まりにたまってオアシスのようになるだろうなとか、まさかの時にと思って持ってきたiPhone用のジプロックをほんとに使うことになるとはとか思いはさまざま巡りながら、ただただスタートを車の中で待った。

ちょっと仮眠なんかとったりしてそんな経験はじめて。一回寝ちゃうとなかなか体起きないんだよねと思いながらの結構な眠り。

さぁって、そろそろですかと小雨のなか外に出ると、久しぶり蒜山マラソンに参加した友人にまさかのご対面。この広い地球上でしかもほぼ車の中にいた状況で出会うなんてそんなことありますか。こりゃ偶然ではなく必然だよね。

(つづく)