• 蒸し鶏のマスタード焼き : PHOTO /// 1 ///
  • 蒸し鶏のマスタード焼き : PHOTO /// 2 ///
  • 蒸し鶏のマスタード焼き : PHOTO /// 3 ///
1/3
>
2/3
>
<
3/3
<

さて、年越しは何を食べようかしらと思案してそのときプロトタイプとして初お目見えしたのがこの「蒸し鶏のマスタード焼き」のマスタード抜き。

年越しパスタに合わせて食べるから、あとは焼くだけ簡単ポンと準備は前日に済ませておきたい。にんにく、砂糖、塩をすり込みフライパンで蒸し焼き。家中にんにくの匂いがするもんだから、さてどうなるどんなお味なのかとドキドキしていた。だって、あとは焼くだけ簡単ポンのほぼノータッチだから。

ほんのり焼き色をつけて出来上がり。そのまま食べて鶏の旨みが十分出ていておいしい。どこか懐かしいなぜかノスタルジーを感じる味であった。

このとき、あと何か味を足すならばと議論になり、そこでマスタードということになった。確かにマスタード焼きであればその何かに足るものとなったが、またあのノスタルジーへの思いも強くなりマスタード抜きも食べたくなった。

Cooking Time : 40minutes

    • 収穫月news 冬号 : PHOTO /// 1 ///
    • 収穫月news 冬号 : PHOTO /// 2 ///
  • 収穫月news 冬号 : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

「収穫月news 冬号」届きました!
寒い冬を忘れさせてくれるような楽しいイベントがたくさん。

今週末はクリスマス。
今日の倉敷の寒さからいけば、ホワイトクリスマス?
と思ってしまうほどですが、天気予報では寒さも落ち着くとか。

12月22日(火) 〜 24日(木) は「収穫月のクリスマスディナー」。

年明け1月30日(土)には「樽の会」と題して、酒工房あおえさんとコラボで樽のワインを味わえるんだとか。2月にはヴァレンタインギフト、毎年たのしみな手作りチョコレート。こちらも要予約です。

冬が深まるとついつい寒さに負けて家にこもりがちになってしまうんですがこんなときこそ、ちょっとおめかしして、ちょっとお出かけ... ですね。

うどん といえば 香川県。
その香川県と海を隔ててここ倉敷でも うどん は生活のいつも隣にいる存在であることは前回もお伝えしたところ。

だから、うどんについて一度には語り尽くせぬこの思い...
ということでまたひとつ、「大学うどん」。

倉敷美観地区から離れて、倉敷市役所をさらに南下することまっすぐ、その先にはトンネルがある小高い山を今から登ろうかという坂の入口に位置する。この 大学うどん との出会いは、さかのぼることおよそ20年前、うら若き高校生の頃で思い出なんかもよぎったりしてなんだか懐かしい感じもする。

今年は10月に入っても日差しが強くサマーな暑さが続いた。それも大型台風の登場で一気に気温が下がり一枚二枚と服を重ねた。それでもいまだ夏仕様のカラダはこの寒さに追いつかずこの 大学うどん で思わず目に飛びこんできたのが みそ煮込みうどん。あったまることこのうえない。

たまたま、ひさびさ、いやはじめてか、今日はみそ煮込みとしたがメニュー多彩でいつも選び甲斐がある。今、欲しいうどんは何か、本当に食べたいものは、と心の声に耳を傾ける。

どのうどんも具材と調和していて うどん もまた主張しすぎない。うどんに具が足されているのか、具にうどんがプラスされているのか。

何を食べるか迷ったときはここに来て、どのうどんかとまた迷う。

    • ひつまぶし風ウナギどんぶり : PHOTO /// 1 ///
    • ひつまぶし風ウナギどんぶり : PHOTO /// 2 ///
  • ひつまぶし風ウナギどんぶり : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

きた、来ました、ウナギどんぶり。
これも ちーごはん として食の健康記録をはじめたおかげか。

一年前の蒜山マラソン参加のころからウナギをよく食べるようになった。なにやらウナギには走るチカラとなる栄養があれこれと含まれてるとか。食べるとなんだかチカラが湧いてくるような気もするので、食卓に登場するとうれしくなり思わずパクパクと食べてしまう。

あまりにウレシイのでことあるごとにワイフにオファーするのだが、これがまたなかなか快諾されないのである。どうやら問題はワイフのなかでウナギが存在薄ということらしい。こういった食の不一致はたびたびあるがくじけずにこれからも提案していきたい。

さて、ひつまぶし風ウナギどんぶり であるが、これは表面にのっている緑色をした あさつき がポイントらしく ワサビ と合わせることでウナギのしっかりした味に爽やかさがプラスされる。

当初は別にだし汁を用意して、終わりにお茶漬けのように食べることも試みていたのだが、あまりに爽やかおいしいのでそこへ到達するまでにパクパク食べ終えてしまうことが続きこのかたちに落ち着いた。だし汁ありも実においしい。また思い出し試してみたい。そのまえにだし汁に到達するまでの我慢をおぼえる必要があるようだ。

Cooking Time : 35minutes

    • 収穫月news : PHOTO /// 1 ///
    • 収穫月news : PHOTO /// 2 ///
  • 収穫月news : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

気づけば10月、食欲の秋!
といいたいところですが、
まだまだ昼間は夏のような太陽が降り注いでいます。
倉敷はいつになったら秋らしくなるんでしょう?

青空が広がる夏の太陽も好きですが
やはり食べ物がおいしくなる秋にはかないません。
そろそろ秋よ、来ておくれ〜といった今日この頃です。

それでは、本題に..
収穫月news、届きました!
11月までのさまざまなイベントが紹介されています。

特に気になるのは、秋のサロン「ジビエの会」。
11月21日から30日まで行われているようです。
マダムコレクションのワインとともに " 山鳩 " を味わえるようです。

11月22日・23日には... お菓子教室 特別編
「X'mas 企画 クッキーツリーを作ろう!!」が開かれます。
これも気になります。
予定が合えばぜひ参加したい!