午前中に大原美術館へ行ってきました。
久しぶりの入館。倉敷ボランティアガイドをはじめたり、オランダでアートに触れる機会が増えてから芸術がすごく身近に感じています。とはいえ、絵のイロハはわからないのですが...

まずはギリシャ神殿風の建物の本館から。児島虎次郎が留学した先のベルギーの美術館に模して建てられたと言われています。入口左右には彫刻家 ロダン のブロンズ像が2体あり、入館者を迎えてくれます。

中に入ると...おやおや、今日は幼稚園児の芸術鑑賞日。美術館近くの幼稚園児20名ほどが学芸員の方の話を興味津々に聞いています。ピカソにマティスと19世紀後半から20世紀前半に活躍した画家の絵を目を輝かせて見ています。こんな身近で世界でも賞賛される芸術家たちの絵を観賞できるなんて、すばらしい!

続いて、世界的にも数少ないと言われているエル・グレコの作品「受胎告知」。この作品がここにあるのは奇跡と言っても過言ではないとか。大原美術館の絵画は児島虎次郎が収集したもので、ほとんどが1800年代から1900年代のモノ。そんな中「受胎告知」は400年ほどのときを経た作品なんです。虎次郎さん、この作品を入手する際だけは事前に大原孫三郎さんに確認をとったそうです。それほど希少で高価な買い物だったことが想像できます。やはり大原美術館で見るべき作品のひとつだといえます。

エル・グレコの「受胎告知」の観賞は美術館のまだまだ前半戦。結局今日はこのあと工芸館・東洋館・分館を見学して約2時間の美術観賞となりました。もっともっと時間をかけて見るのもオススメです。

チケットは大人ひとり 1,000円。本館・分館・工芸館・東洋館に入館可能で、入館した1日は何度でも入ることができます。なので1日かけ、ランチを食べてまた入館、というのもいいかもしれません。

そうそう、分館では若者に大人気の写真家、いや今では映画監督でもある 蜷川 実花 の作品も展示されていました。彼女らしい妖艶な写真が目を引きます。

昨日、FMくらしき 「週刊くらしき ハッピーレディオ」の番組内のコーナー「倉敷漫遊記」にプチモダンと miharaono.com が紹介されました。

1月6日にパーソナリティーの大谷利文さんが取材に来られ、そのときほぼぶっつけ本番で会話を録音!それを何ともいい具合に編集して放送してくれていました。水戸黄門の音楽で始まり、途中「スケさん!カクさん!」と効果音が入ります。絶妙のタイミングで。

ブッククロッシングについては、うまくお話できていたのではないかなぁ。倉敷中が図書館になって、本によって人と人とがつながればいいなという思いが。ただ、プチモダンについて「なぜオランダに惹かれたんですか?」という質問をされたんですが、それについては予想してなかったということでうまく話せずでした。残念。

オランダに惹かれた理由...いまだはっきりとは答えが出ていないというか曖昧というか、とにかくオランダが好き!ということなんです。

とにかく無事放送も終わりよかったです。飛び入りでミハラオノの二人も登場し貴重な体験ができました。

小さな古本屋さん、はじめます。
11月初旬に岡山県公安委員会に古物商取引許可願を申請。今月とうとう許可がおりました。

今度は本屋さん!? という感じですが、とにかくやりたいことはやってみよう精神ではじめちゃいます。

まずはホームページを立ち上げました。その名も「moBook - BOOKS selected by MODERN FIVE」、モダンファイブが選んだ本・モノ... という意味です。日本、いや世界から自分たちで集めた本やモノを紹介していきたいと思っています。なので商品数は少ないですが珍しいものも...。少しずつこれから増やしていければと考えています。

もちろん、オランダにつながる旅の写真と雑貨のお店「プチモダン」も続けます。プチモダンではオランダの旅情報をマイペースに紹介していきたいと思っています。プチショップも今まで通り行います。

2009年1月から倉敷市笹沖で moBook をオープンします。事務所の2畳ほどのスペースを利用した小さな本屋さん。電気が付いていたらいつでも来てください。ゆっくり本が読んでもらえるようにイスと机を用意してお待ちしています。

建築、グラフィックに絵本とジャンルはさまざま。モダンファイブが選んだ本・モノです。小さなライブラリーであり本屋さんでありといった感じ。

わたしの好きな映画「ノッティングヒルの恋人」に出てくる本屋さんを目指して、第一歩を踏み出します。

    • 青空のもと、倉敷をご案内 : PHOTO /// 1 ///
    • 青空のもと、倉敷をご案内 : PHOTO /// 2 ///

昼から倉敷観光ボランティアガイドに行ってきました。わたしの担当は午後の定期便13:30発です。

朝から天気もよく青空が広がっていました。きのうは強かった風もおさまり観光日和な一日。さあ、どんな出会いがあるのか、いざ出発!

今日は大阪から来られたお客さま2名様と一緒に美観地区を散策することに。わたしは以前大阪に住んでいたことがあり、大阪弁で楽しく話されるお客さまと会話をしているととても懐かしく感じました。

倉敷国際ホテルのロビーに飾られている棟方志功の版画「大世界の柵」をご案内した際にはすごく喜んでくださったのでうれしかったです。この作品は棟方志功がピカソの「ゲルニカ」を見て感動し、それに模して作ったと言われている作品。そのことをお話すると、お客さま自身スペインで実際に「ゲルニカ」を見て感動のあまり目に涙したのことでした。

わたしもピカソの「ゲルニカ」を見てみたいという思いにかられました。いつになるかわかりませんが一度は見てみたいと思います。

    • 収穫月 news : PHOTO /// 1 ///
    • 収穫月 news : PHOTO /// 2 ///
  • 収穫月 news : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

早いものでもう11月。ワインにジビエとおいしいものがたくさんの季節になりました。

おいしいワインにジビエといえば、このお店「Ristorante 収穫月」。9月にランチに出かけて以来ご無沙汰しています。そろそろおいしいご馳走が食べたくなってきたなぁ。

収穫月ではおいしい料理をいただくだけでなく、シェフとマダムとの楽しいおしゃべりのひとときが。マダムにはいろいろなことを教わり助かっています。このあいだなんて...一枚の紙があっという間に紙袋に大変身!感動してしまいました。

    • 運動会 : PHOTO /// 1 ///
    • 運動会 : PHOTO /// 2 ///
  • 運動会 : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

今日は甥っ子の運動会。
天気もよく運動会日和。
泣かずにできるかな?

初めてのかけっこ。
ヨ〜イ、ドン!

いいスタートです。
カーブもうまくまわれたね。

さてさて結果は...
なんと!1番でゴール。

エ〜イ!!!

大変よくできました☆

あけまして おめでとう ございます!

今日から仕事初め。
みなさま今年もよろしくお願いします。

年越しはお取り寄せをして、おいしいモノを食べながら過ごしました。今回は、京都のお好み焼き屋さん「大徳寺 喜代」のすじねぎ焼き、デザートは岡山市庭瀬のケーキ屋さん「サンドリヨン」の撫川半生チーズケーキ。どちらもサイコーでした。オススメです!

毎年恒例、2009年の書初めは...「Step up」。日々こつこつと向上していきたいという思いで書きました。

プチモダンにブッククロッシング用の絵本「くれよんのくろくん 」をリリースしました。

学習教室をしていたときに使用していた絵本です。"くろくん"はほかのイロにくらべて決して華やかではないけれど"くろくん"には"くろくん"の個性があるというお話です。

友だちとのかかわり合い方、人にはそれぞれ個性があり認め合わなければならないことが伝わってきます。子どもにはぜひ読んでほしい一冊。オススメです。

プチモダン入口にブッククロッシング用の BOX を置いています。自由に本を選んで持って帰ってください。また、ブッククロッシングしたい本があれば持って来てください。

    • ボランティアガイド日和 : PHOTO /// 1 ///
    • ボランティアガイド日和 : PHOTO /// 2 ///
  • ボランティアガイド日和 : PHOTO /// 3 ///
1/2
>
2/2
<

今日は朝からいいお天気。
青空も広がり倉敷も観光日和です。
午前の部の観光ボランティアガイドに行ってきました!

9時30分出発の定期便。
関東方面から来られたお客さま10人が参加。
お姫さまだらけの楽しい街案内となりました。

観光案内所を出発し、新渓園から倉敷川沿いへ。
国の重要文化財である大原家。
児島虎次郎がデザインした今橋を渡り、倉敷川沿いを散策。
旅館鶴形、中橋を渡り倉敷館。
倉敷民芸館、高砂橋を経てアイビースクエアまで。
そこから本町通りを歩き国の重要文化財である井上家へ。

井上家は今から300年前の江戸時代に建てられたもので倉敷では最も古い町家です。日曜日は特別に公開されています。

大原家の東邸「有隣荘」までもどり、約1時間30分の観光ガイド終了です。

観光ボランティアガイドを通じて倉敷のコトがいろいろ理解でき、しかもさまざまな人たちとの出会いがあります。こんな貴重な体験ができるなんてほんと幸せです。

これから倉敷も本格的な冬が訪れます。寒さに負けず楽しんでボランティアガイドを行いたいと思います。

蒜山高原マラソン全国大会が終わりました。無事、完走しました!!!といっても走ったのはkenさんですが。

今年の走りはよかったです。今までになくいい走りっぷり。いつもバテてしまう残り5kmもスパートなんかしたりして。これもお餅パワーかな。大会前約2週間はほとんど毎日お餅を食べていました。

ほんとケガもなく無事完走できて何よりです。わたしはというと、mihaと自転車で伴走がんばりました。約15kmは自転車で走ったかな。来年は走ろうかなぁ...まずは5kmから?!

と毎年言いつつ4年目なんですが...

今年もやってまいりました。「蒜山高原マラソン全国大会」の時期が。あと18日!わたしが出場するわけではないのですが...ハズバンドが今年で6回目の出場なんです。ハーフの部では3回目。どうなることでしょう。

いつも完走はしています。今年も無事完走することを願っています。みなさんもどうぞ応援よろしくお願いします!

昨年までの大会のようすはハズバンドのホームページ「走り美」にて見ることができます。

昨年までの傾向では後半バテ気味といった感じ。これはスタミナ不足ではないかと思い、今年は先週あたりからわが家の食卓はエネルギッシュな夕食になりました。これが吉と出るか凶と出るか。