2008.12.10 /// Wed ///

ブッククロッシング

ブッククロッシングを始めて変わったこと。
小説を読むことが増えた。

今まで本屋さんにいっても絵本やノンフィクションの本を選ぶことが多く小説を買うことがほとんどなかった。

小説がきらいというわけではなく、目にとまり選んでいたのが小説ではなかっただけ。またどれを読んだらいいのか選べなかったともいえる。

そんなわたしにとってブッククロッシングは画期的な活動だった。小説を読む機会ができたのだ。リリースされた本の中に「プラナリア」という短編小説があった。兵庫県のサポートリーダー キョウコさんが持って来てくれたものだ。

ただいま「プチモダン」にリリースしています。

Comment /// 5 ///

1

ヨーコ

読書っていいよね!
私もゆっくりじっくり本読みたいな。
おすすめあったら教えてね。

2008.12.10 /// 20:20 ///

2

チーコ

おすすめ見つけたらオススメします!

2008.12.11 /// 0:05 ///

3

キョウコ

先ほどBC サイトのリリースアラート拝見しました。
私もBC に関わるようになってから本を読む機会が増えました。特に今まで自分が手に取らなかった本との出会い。「プラナリア」もその一冊です。
またあの本がどこかに旅立つ日を楽しみにしています^^

2008.12.11 /// 19:53 ///

4

ユウカ

私も小説を読むことは少ないです。

今はもっぱら育児書です。

本って出会いですね〜。

2008.12.11 /// 21:27 ///

5

チーコ

キョウコさん>
BC を倉敷でもっと広げていければと思案中です。
キョウコさんの行動力を見習わなければ...

ユウカちゃん>
育児書もイロイロあるよね。
本屋さんでも育児書だけで1コーナーだもんね。
とにかく本を読むことは自分のためになる。

2008.12.11 /// 22:04 ///

コメント入力

6

  • 2017.8.17 /// --:-- ///